会則


第1章 総則

(名称)

第1条 本会は、法政大学校友会さいたま市法友会(以下「さいたま市法友会」という。)称する。

(目的)

第2条 さいたま市法友会は、学校法人法政大学が設置する学校の卒業生及び修了者等の相互の親睦を図るとともに、母校法政大学の発展に寄与することを目的にする。

(所在地)

第3条 さいたま市法友会の事務所は、埼玉県さいたま市内に置き、会長が別に定める。

(資格)

第4条 さいたま市法友会は、学校法人法政大学が設置する学校の卒業生及び修了者にして、埼玉県さいたま市内に居住もしくは勤務先を有する者(さいたま市内に活動拠点を置く団体に属する者を含む)をもって組織する。

2 前項に定める者のほか、学校法人法政大学が設置する学校へ在籍したことがあり、さいたま市法友会の活動に賛同し入会を希望する者にあっても本会の会員になることができる。

(活動)

第5条 さいたま市法友会は、第2条の目的を達するために必要な活動を行う。

2 前項の活動を行なうため、必要に応じて倶楽部、同好会、愛好会及びこれに類する会(以下「倶楽部等」という。)設置することができる。

3 倶楽部等を設置しようとする物は、さいたま市法友会会長に設置届けを提出しなければならない。

4 さいたま市法友会は、倶楽部等の活動に対し費用の一部を助成することができる。 

5 前項の助成を受けた倶楽部等は、助成を受けた年度の末までに当該活動に関わる報告書を提出しなければならない。

6 倶楽部等の運営に必要な事項は、別に定める。

第2章 役員

(役員)

第6条 さいたま市法友会に、次の役員を置く。

(1) 会長 1名

(2) 副会長 1名

(3) 理事 10名以内

(4) 事務局 2名

(5) 監事 2名

(任期)

第7条 役員の任期は、2年とする。ただし、再選を妨げない。

2 補充によって選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 役員は、その任期終了後でも、後任者が選任されるまでの間、その任務を担当しなければならない。

(選任)

第8条 会長は、役員会が選出し、総会の承認を得るものとする。

2 会長は、役員を指名し、総会の承認を得るものとする。

(顧問・相談役)

第9条 さいたま市法友会に、顧問及び相談役を置くことができる。

2 顧問及び相談役は、会長が委嘱する。

(職務)

第10条 会長は、さいたま市法友会を代表し、会務を統括する。

2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故ある時は、会長の職務の代理・代行を行う。

3 理事及び事務局は、役員会で協議し、決定された事項の担当業務を執行する。

4 監事は、この会の財務の執行状況を監査し、役員会及び総会に報告する。

5 顧問及び相談役は、会長の諮問に応じ、又は会議に出席して意見を述べることができる。

第3章 総会・役員会

(会議)

第11条 会議は、総会及び役員会とする。

(総会)

第12条 総会は、毎年1回開催する。ただし、会長が特に必要と認めたときは、役員会の同意を得て臨時に開催することができる。

2 総会は、会長が招集し、会長が議長となる。

3 総会は、次に揚げる事項を審議する。

(1) 事業計画及び事業報告に関すること。

(2) 予算及び決算に関すること。

(3) 会則の改廃に関すること。

(4) その他、役員会において、必要と認めたこと。

4 総会は、会員の半数以上の出席により成立する。

5 総会は、出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

6 前項の場合においては、議長は、会員として議決に加わる権利を有しない。

(役員会)

第13条 さいたま市校友会に会長、副会長及び理事で構成する役員会を置く。

2 役員会は、会長が招集し、会長が議長となる。

3 役員会は、次に揚げる事項を審議する。

(1) 総会で審議する案件に関すること。

(2) その他、さいたま市法友会の運営上必要なこと。

4 役員会は、理事の半数以上の出席により成立する。

5 議事は、出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

6 前項の場合においては、議長は、会員として議決に加わる権利を有しない。

(経費)

第14条 さいたま市法友会の経費は、会員の年会費及び寄付金並びにその他の収入をもって充てる。

第15条 会費は、会員より徴収し、年間3,000円とする。

第4章

(会計年度)

第16条 さいたま市法友会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(監査報告)

第17条 さいたま市法友会の会計は、総会において前年度の会計報告と監査報告を行い、承認を得なければならない。

第5章 その他

(その他)

第18条 この会則に定めるもののほか、さいたま市法友会の運営上必要な事項は、役員会に諮って定める。

附則

(施行期日)

1 この会則は、平成26年6月27日から施行する。

附則

(施行期日)

1 この会則は、平成28年5月14日から施行する。